クレジットカードを申込む時は、やはり安定収入がないと審査に通りにくいのでしょうか。

この場合は、どのようなカードを申込むかによります。



たとえば銀行系とか、あるいは信販系などを申込むのであれば、定収入があって勤続年数も長い方が、通りやすいのは事実です。

しかし審査基準の緩い流通系のクレジットカード、特にスーパーとか量販店のカードであれば、定収入でなくても作れることがあります。

行きつけの店の物を作って、買い物で利用するようにし、きちんと返済をして行くことで、良質のクレジットヒストリー、つまり取引履歴を作れますので、ランクが上のクレジットカードにも通ることができるようになります。
また、ゴールドカードへの招待をもらうこともできますので、まずきちんと利用して、きちんと返済するようにしましょう。

それから、銀行とか消費者金融からお金を借りていると、クレジットカードの審査に通らないのではと、心配する人もいます。


しかしその必要はありません。



この場合もきちんと返済していて、信用情報にブラックがなければ通る確率は高いです。
ただし、収入が少ないのに多くの借金がある、複数の会社から少額ずつ借りている場合は、返済能力に問題があると見られ、通らないこともあります。
また、借金の返済を3回以上延滞した場合は、ブラックがつきますので、もちろん通りません。

お金を借りることすなわちマイナス要因とはなりませんが、借入れや返済の状況によっては、審査に落ちることもありますので、申込みの場合は、その点をチェックしておきましょう。



Copyright (C) 2016 クレジットカード申込みでデメリットになる点とは All Rights Reserved.