クレジットカードにはポイント還元やカードごとの割引などの特典があるので、支払い方を変えるだけで節約につなげることができます。


クレジットカードの還元率というのは大体平均すると1%程度のものが多いので、年間で100万円買い物をすれば1万円の節約につながるということになります。



ポイント還元ではなく直接的な割引の場合にはもっと還元率が高くなり、スーパーなどで発行されているクレジットカードの場合特定の日という条件はあるものの5%割引になるといった特典があるものが数多くあります。



そのため、割引になる日にまとめ買いをすれば年間でかなりの金額を節約することができます。

5%も割引をされるのであれば、50万円の買い物であっても25000円も安くなることになりますから現金で払うよりもずっと得をすることができます。

これ以外に得をするものとしてはガソリンスタンドのカードなどがあり、そこで発行されているカードを使うことで2-3円の割引が受けられるといった特典が付与されている場合が多く、更に会員価格となって5円近く割引されるということも珍しくありません。これも車をよく利用する人であれば現金で支払うよりもずっとお得なものとなりますから、決済方法を変えるだけで節約につながるためクレジットカードで支払うことができるものは全てカード決済にしてしまうのが一番です。



ただし、必要もないものを買ってしまうと節約になりませんから、それだけは注意をしておきましょう。

Copyright (C) 2016 クレジットカードで払うだけで節約に All Rights Reserved.