クレジットカードは借金であるため、現金があるなら現金で購入をするべきだと考えている人も未だに少なくありませんがこれは少し誤解をしている部分があります。


後払いという点だけで見れば借金というのも間違ってはいないわけですが、どのみち使うお金であれば支払う時期が変わるだけで現金で払うのと大差ありません。借金ということに対して心理的な抵抗と、金利が発生するので損だというふたつの気持ちを持つ人は多いのですが、金利に関しては多くのクレジットカードで一括あるいは二回払いまでは金利が発生しないため支払額でいえば現金と変わりません。



むしろ、本当に微々たるものではありますが代金が引き落とされるまで口座の中に現金を入れておくことができるので、金利を支払うどころか逆に受け取ることができるのです。
この点だけ見ても現金で支払うよりもクレジットカードで支払いをしたほうがお得なのですが、それ以上にもっと得をするものとしてはポイント還元があります。



利用した料金に応じてポイントが付与され、それを引き落とし額に充当することができたり景品と交換をすることができるので現金よりも得をすることができるのです。



それではカード会社はどこから収入を得ているのかというと、カードのシステムを導入している店から売上の数パーセントを徴収していています。

その一部をカードの利用者に還元をしているということになるため、クレジットカードは上手に使えば現金よりも得をすることができるのです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードに対する誤解 All Rights Reserved.