クレジットカードは一回あるいは二回払いまでは手数料がかからないことが普通なので、現金ではなくカード払いにしてポイントを貯めたりカードの特典を受けたりするという人は多いものです。しかし、そこでなぜカード払いにするとこのような還元を受けることができるのかと思うかもしれませんが、カード払いをすると実際にカードを使った人が一切負担がなかったとしてもカード会社は利益を受け取っているのです。



カード会社の利益の下というのは、分割などで支払いをした時の手数料もありますがカードを導入している店からの手数料収入もあります。



店側はクレジットカードのシステムを導入するとカード会社に手数料を支払わなければならないので、実際にカードを使った人が負担をしていなくてもカード会社はしっかりと利益を手にすることができるのです。つまり、カード会社からすれば一回払いや二回払いであってもどんどん使ってくれれば、店からの手数料収入が入ることになりますからそれらの手数料収入の一部を利用者に還元をしているということになります。


それでは店側はクレジットカードで支払いをされるとまるまる損になってしまいますから、どうするかというと現金で払う利用者からその分の金額を徴収しているということになります。



明確には区別されていませんが、商品の金額を少しずつ上げてクレジットカードで支払う人の負担を現金払いの人に転嫁しているのです。そのため、カード払いをすると得をすると言えると同時に、現金払いをすると損をしてしまうとも言えるのです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードで得をする理由 All Rights Reserved.