クレジットカードは本来、20歳未満は作ることができませんが、大学生の場合は例外的に作ることができます。

大学生は現役で入学すれば18歳ですが、20歳未満である18歳であっても、クレジットカードをつくることが可能になります。


大学生がクレジットカードをつくることができる理由は、返済が明確だからです。



大学生の場合、保護者がいますのでいざというときは保護者に請求をすれば取れないことはないのです。

そういった理由から学生でもカードをつくることができます。
クレジットカードをつくる場合には、19歳と18歳は保護者の同意が必要になります。

保護者が保証人になっていると考えられます。

これに対して二十歳以上は、保護者の同意を必要としません。
もしどうしても、親にばれずにカードを作りたい場合は20歳まで待つしかありません。万が一20歳を過ぎた大学生が返済ができない場合は、その請求は親に行くことになります。

では、限度額はどのようになっているでしょうか。

限度額については会社によって異なりますが、基本的に社会人が借り入れをするときの限度枠よりは低いです。

およそ5万円から20万円が限度額として設定されていることがほとんどです。



このように限度額が低いのは、そもそも大学生はそこまでお金を借りる必要がないからです。


少なくとも学生である以上は、高価な買い物をすることも普通はないですから、限度額が低く定められていると考えておきましょう。



Copyright (C) 2016 学生が作るクレジットカード All Rights Reserved.