クレジットカードを作成する場合には年収についても調べられるために収入証明書が必要かどうかを気にする人もいますが、多くの場合は特に収入証明書を提出をする必要はないです。

ただ、絶対に不要という訳では無くて、キャッシング枠をつける場合には必要となる可能性もあるので注意が必要です。クレジットカードは買い物や公共料金などの支払いをする際にカードを出す事でカード会社に立て替えてもらうカードの事ですが、キャッシング機能をつける事も可能となっています。



そしてキャッシングをつけようとする場合には収入証明書の提出が求められる事もあるのです。

それは改正貸金業法が2010年に完全施行されたためであり、必要となる条件としては総量規制で定められています。



その条件は、借入額が50万円を超える場合か、他と合わせて100万円を超える場合は提出が義務付けられています。

そのためにキャッシングを利用する予定がない状態でクレジットカードを作るつもりであり、収入証明書の提出を避けたいのであればはじめからキャッシング枠を希望しないで申し込みをしておけば良いです。

また、キャッシングはあると使いたくなってしまう人もいて、しかも金利がかなり高い事からも、無用であるのであれば利用できないようにしておいた方が安心です。



クレジットカードの本来の機能のショッピング枠についてもお金を一時的に借りているようなものですが、総量規制の対象とはならないので審査の際に年収は聞かれても収入証明書の提出義務はないです。


Copyright (C) 2016 クレジットカードに収入証明書は必要か All Rights Reserved.