クレジットカードは、キャッシング機能が付いてるものがあります。

キャッシング機能が付いていればお金を借りることができます。
そんなクレジットカードですが、学生が借りることができるでしょうか。

基本的に二十未満はクレジットカードでお金を借りることができないとなっています。
しかし現実には、それにもかかわらず、学生がクレジットカードをつくることは可能です。ではなぜ可能なのでしょうか。

まず、学生の場合は保証人がいるからです。



普通の二十歳未満の場合と違い、親が保証人になっていることがほとんどです。



普通の二十未満であれば支払いができなければそのまま返済不能となり、業者としても取り立てをあきらめるしかありません。
ですが学生の場合は、学生が支払えなかったとしても保護者が支払ってくれるから取り立てができないということはないと考えているわけです。

もう一つは、学生のうちにクレジットカードを使ってもらえば、長きにわたって使ってくれるからです。学生時代にカードを作った場合、そのまま社会人になっても使い続けてくれる可能性が高いのです。


カード会社としてはそういった顧客を大事にするため、わざわざカードを発行することができるようにしているというわけです。



ただし、いくら学生といえども高校生はつくることができません。

たとえそれが、留年していて19歳の年になったとしてもです。


このように、大学生の場合は例外的にカードをつくることができるのです。

Copyright (C) 2016 学生がクレジットカードをつくる All Rights Reserved.